抜け毛はシャンプーの仕方で抑えられる

普段の生活の中でブラッシングやカラーリング、強い紫外線などを浴びて、髪の毛の傷み具合には気になることが多いものです。また加齢に伴い、部位によっても髪の量が減って薄くなってくる方も多いです。できれば今ある健康な髪は、今後も長く保っていたいと思う方は多くいることでしょう。そんな髪のためにも毎日清潔さを保ち、スタイリング剤やリンスで潤いを与えようとするバスタイムは、身体だけでなく髪の毛にとっても大切な時間なのです。ところが髪を洗っている時に、ふと排水溝に流れていく髪の量に気づくことがあります。いつもよりも流れた髪の量が多いなと思ったら、それ以降はついつい気になってしまうこともあるでしょう。このような洗髪での抜け毛が気になる時には、シャンプーの仕方を今一度確認してみるのもよいでしょう。

抜け毛を防ぐシャンプーの仕方を習慣にしましょう

抜け毛を抑えるシャンプーの仕方はいくつかあります。まずは洗う前に乾いた髪の状態で、少しだけブラッシングをしてみましょう。これをすることによって、髪についた汚れを落とすことができる上に、頭皮に刺激を与えることで血行を促進させることができます。血行は頭皮に栄養を届けるのに不可欠で、これによって抜け毛の対策にも繋がるのです。次に実際にシャンプーをする前にお湯だけで洗います。この時に頭皮に指の腹でマッサージをしながら、ブラッシングで落ちなかった汚れも落とすつもりで、優しく洗います。お湯を使うことで、同時に頭皮の毛穴を開かせることにもなります。これで事前にだいたいの汚れも落ちていますので、次にシャンプーを使う時にはかなり優しく洗うだけで残りの汚れを落とすことができるのです。

抜け毛を抑えたシャンプー法で健康な髪を保ちましょう

ブラッシングと予洗がすんでからいよいよ本洗いですが、ここでも抜け毛を抑えるための洗い方があります。まずはシャンプーを手やネットなどでしっかりと泡立てた状態にしてから髪や頭皮につけるのがよいのです。髪の毛どうしを摩擦して泡立てると、どうしても傷んでしまいがちです。また直接頭皮に洗剤をつけて洗うと、せっかく予洗で温まって開いた毛穴に今度は洗剤が詰まってしまい頭皮にも良くなく、その後も十分に流しきれなくなってしまうからです。また毛穴が詰まることで頭皮環境が悪くなり、抜け毛の原因を作ってしまいます。以上のことからも、まずは泡立ててから髪を洗うことは大切なのです。あとは洗剤分が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。このようにちょっとしたシャンプーの使い方で抜け毛防止になりますので、しっかりと習慣にしてみましょう。

日本中に自生するセンブリから抽出したエキスが頭皮の血液循環を上げます! 蘭夢によって柔らかくなった頭皮には有効成分が浸透し、発毛効果アップ! 蘭夢を正しく使って、健康な頭皮環境を目指しましょう! 育毛剤蘭夢の働きを助ける「蘭夢シャンプー」を販売中です。 蘭夢100mlで、約一ヶ月使用できます。 育毛剤蘭夢の有効成分「ニコチン酸アミド」は、髪を作る毛母細胞を活発にします! 抜け毛でお悩みの方へ向けたシャンプーをご紹介しています