初めての絨毯クリーニング☆厳選6社

ホーム > 絨毯クリーニング情報 > 絨毯クリーニングでいつも新品みたいに

絨毯クリーニングでいつも新品みたいに

絨毯クリーニングは文字通りに絨毯をクリーニングすることです。
絨毯は使用しているとどうしてもホコリやダニやその他の汚れが付着するので、時折きれいにしないとなりませんが、素人では掃除機でホコリを吸い取ることくらいしかできないし、掃除機以外の清掃道具も用意することができません。
また仮に掃除機以外の道具を用意したとしても、今度はそれをキレイにするための場所がありません。
そこでプロの清掃業者が素人に代わって徹底的にキレイにしてくれるためのサービスを販売しています。
プロの絨毯クリーニングサービスは、パチンコ屋やスーパーやデパートなどの商業施設がよく利用していますが、特にパチンコ屋にある絨毯などはいつも新品みたいな感じで、キレイに状態を保っています。
プロのクリーニングサービスでは、まずは絨毯を回収して工場へ搬送することから始まります。


工場へ搬送すると、次は絨毯の状態を検品して詳細を確認します。
そして依頼顧客からの要望などもクリーニングスタッフに伝えられます。
そしていよいよクリーニングが行われますが、ここでは掃除機でホコリも吸わせますが、工場でしかできない最大のサービスは大量の水と洗剤を使用しての洗浄作業です。
これで徹底して洗浄するからホコリ以外の汚れも落とすことが可能になります。
絨毯クリーニングは家庭訪問サービスもありますが、家庭訪問サービスだと洗浄する場所がないのでここまでは対応不可能です。
またオフィス訪問では確かにシャンプーで洗いますが、これは機械で直接シャンプーを吸い取るだけの作業なので、洗い流すほどまではキレイになりにくいです。
水と洗剤で徹底的に洗浄すると、今度はそれを乾燥させないとなりません。


そのために乾燥室へ運んでそこで乾かしますが、乾燥は高温短時間でやれば絨毯が傷んでしまう原因になりかねないので、低温で長時間じっくりと乾燥させていきます。
絨毯が乾燥すれば状態を確認したうえで、その他の作業が待ち受けます。
その他の作業というのは絨毯のホツレなどの修繕作業です。
いくらキレイになったからといってもホツレなどを放置したままではプロの作業とは言えないからです。
ホツレの修繕作業では虫食いしてしまった場所なども除去することで、新たな虫食いの発生も防止するようにしています。
ホツレの修繕作業が終わると、最後にパイルという毛足を整える作業を行います。
これはブラッシングするための機械で毛足を立てて整えることで美しいカーペットの姿に復活することができます。
そして検品されて依頼顧客のもとへ届けられます。