初めての絨毯クリーニング☆厳選6社

ホーム > 絨毯クリーニング情報 > 絨毯クリーニングは頻度や相場などを考えて計画的に行おう

絨毯クリーニングは頻度や相場などを考えて計画的に行おう

絨毯クリーニングを考えているが一度行ったらどの程度の頻度で行えばいいのか、費用相場はどの程度なのかなど気になる項目は沢山あるかと思います。
自分で洗う事が出来るものもありますが、仕上がりやクリーニング後のケアの事などを考えると絨毯クリーニング業者に依頼をする方が無難といえます。
特に大きいサイズの絨毯は洗濯機に入ったとしても洗い終えた際に水をたっぷり吸っていて、干す作業が相当な重労働になるため必ず業者に依頼をしましょう。
気になる項目の一つであるクリーニングの頻度は、年に1回もしくは2回というのが理想とされています。
絨毯の使用状況や日頃どのようなお手入れをしているかにもよりますが、丁寧に毎日清掃などのケアを行っていたとしても最低年に1回程度はしっかりクリーニングしてもらいましょう。


また、1回の費用相場も気になるポイントだと思います。
その費用相場は絨毯の面積はもちろんのこと、素材というのも大きく関係してきます。
一般的な家庭で利用されているようなレーヨンやウイルトンなどの素材、もしくは高級絨毯などに良く用いられるウールやシルクなどの素材の2パターンに分けられます。
一般的な素材であれば2帖タイプ以下であれば1回2000円程度、3帖以上の大型タイプであれば6000円程度というのがおおよその相場になります。
いわゆる高級絨毯の場合は1帖あたり3500~4000円程度になり、後は広さに比例して費用は高くなっていきます。
それに加えて防ダニ加工などのオプションを付ける事が出来る所もあります。
この場合は1平方メートルごとの料金となり、その相場は1平方メートルごとに500円程度です。


絨毯クリーニングは、その依頼する時期というのも大事になってきます。
年に2回出すのであれば夏と冬などの季節の変わり目ごとが目安ですが、年に1回という場合にはその地域ごとに時期を選ぶ必要があります。
例えば夏ムシムシとした暑さに見舞われる地域であればその時期が終わった後など、住んでいる地域の気候的状況も参考にすると良いでしょう。
また、絨毯クリーニングの効果を長持ちされたいといった時に重要なのが日頃からの適切な方法でのお手入れです。
清掃を行った後は天日干しをするなどして乾燥させる、絨毯の上を歩く際に使うスリッパなども綺麗にしておくなどのケアも大切になってきます。
汚れの種類に応じた対応も取りましょう。
シミなどを拭き取る際にはシミ取りなどを付けた部分を処理後に乾燥させるなどのアフターケアを行いましょう。